「OPEN MIND」全部自分が創った世界

家族4人世界一周20ヶ月の旅。「幸せな人生、自分の人生を歩む」そんな想い方を、旅と瞑想を通してお伝えしています。

【 想いから離れる】

f:id:shanti-shanti-8-onelove:20170817122923j:plain

 

「あるがままを、あるがままに観る」

 

これは心を理解する上で、とても大切なことです。

 

私たちは普段から長い年月をかけ積み重ねた、自分自身の偏りを通して物事をジャッジしています。

 

0から1を教わった親

兄弟や友人に多くの教師

そしてマスコミや社会・・

 

これまで自分が関わって来た環境だけが、現在の自分自身を作っていきます。

 

そして、それを通して観ることにより生じた想い。

 

それもまた、私たちの創り上げた偏りとも言えます。

 

ですから「あるがまま」の存在にあなたの色を付けて観たその世界が、あなたの真実となっていきます。

 

そしてあなたの真実の中に、悩み、争い、悲しみ、という想いが生じ、

人はまた自分の投映した世界の中で葛藤を繰り返す訳ですが、

その真実は実際の「存在」とはかけ離れたものなのです。

 

あくせくと時間に追われる日常から離れ、心を落ち着かせゆったりと世間を見渡してみると、これまで気付かなかった多くの事に気付けるようになっていきます。

 

想いから離れ、ジャッジせずに観る。

 

この経験の積み重ねが真実の自分、

あるがままの実在を観る目を養っていきます。

 

そして何もジャッジをしなくなった頃に、改めてジャッジをしていた頃の自分を省みる事により、安定した安らぎの中にいる現在の自分を知る事が出来るのです。

 

 

事実、「今ここ」に、問題は一つもありません。

 

今目の前にあるものは全て、私たちが私たちのフィルターを通して作り上げた想い、

ただそれだけなのです。